TOP > 学校案内 > マニキュアリスト国際ネイルライセンス

学校案内

マニキュアリスト国際ネイルライセンス

マニキュアリスト国際ネイルライセンス

マニキュアリスト・ネイリストとして国際的に活躍したい!
本物のマニキュアリスト・ネイリストを目指したい!
そんな方にチャレンジしていただきたいのが、
マニキュアリスト国際ネイルライセンス。
海外でマニキュアリスト・ネイリストとして働くには、
国家資格である「マニキュアリスト国際ネイルライセンス」
が必要です。
お客様の指先を扱うマニキュアリスト・ネイリストには、
正しい知識と技術が求められます。
日本にはまだネイルの国家資格はありません。
日本にはネイル検定はございます。ただ、ネイル検定は国家資格ではありません。

 

マニキュアリスト国際ネイルライセンスマニキュアリスト国際ネイルライセンス

提携スクール

提携サロン

 
オーストラリア編

オーストラリア編

オーストラリアのサティフィケートは世界53ヶ国以上で認められていますが、現時点では国際ネイルライセンスはございません。

サティフィケート取得後は、オーストラリアで働くことも可能です。
また、取得後のサティフィケートの更新は現在のところ
ございません。

オーストラリアサティフィケートの種類
♥Certificate II in Nail Technology
(マニキュアリスト技術者資格)
♥Certificate III in Nail Technology
(講師・サロン経営者資格)
 

オーストラリア編 オーストラリア編

オーストラリアは、ワーキングホリデービザで
学校に通う事や働く事が出来ます。
(ワーキングホリデーとは、働きながら生活費を補い、
海外で生活を体験できるシステムです。)

・ワーキングホリデービザ資格
(1)18~30歳までの扶養家族のいない者。日本のパスポートを所持している者。
(2)永住の意思が無いこと。
(3)滞在期間相当分の生活費や往復の旅費に十分な資金を所持していること。
(4)一般的な健康上、性格上の必要条件を満たしていること。
(5)許可された滞在期限が切れる前に出国すること。
・ワーキングホリデービザ 滞在期間
最長12ヶ月
・就労
同一雇用主のもとで3ヶ月以上働くことはできない。
・就学
政府登録の語学学校に3ヶ月以内の期間通うことができる。
・セカンドワーキングホリデー
2年間に延長または2回目のワーキングホリデーが
できる制度。
(2005年11月1日より開始されました。)
オーストラリア政府が指定するファームで3ヶ月間
働き、証明書を取得できれば、滞在期間をもう1年
延長する事ができます。
 
  • ♥ ホームスティ・長期滞在ホテル・アパート・語学学校・その他のご紹介致します。
  • ♥ 政府認定校で学ぶには語学力が必要です。・IELTS5,5ポイント以上 ・TOEFL550~600点以上(TWE5以上)
アメリカ編

アメリカ編

  • ♥ 米国/国際ネイルライセンスは2年ごとに更新しないと
    無効になります。
    (ライセンス更新するには更新料が必要です。)
  • ♥ 米国/国際ネイルライセンスはネイルの知識・技術の他に州の法律や規制も学ばなければいけません。
    (米国は州ごとに法律・規制が異なります。)
  • ♥ 米国は州ごとに国際ネイルライセンスが異なります。
    働くにはライセンス取得が必ず必要です。
  • ♥ マニキュアリスト国際ネイルライセンスを受験するには、高校卒業書(英語文)2枚が必要です。
  • ♥ ソーシャルセキュリティーナンバー(米国社会保障番号)・グリーンカードをお持ちの方は、受験合格後マニキュアリスト国際ネイルライセンス発行が出来ます。
  • ♥ アメリカ政府認定校の提携校・姉妹校で学ぶには、語学力が必要です。
    ・IELTS5,5ポイント以上 ・TOEFL550縲鰀600点以上(TWE5以上)
 
♥米国 カリフォルニア州 国際ネイルライセンス (400H)
カリフォルニア州の国際ネイルライセンスは、米国の他の州の国際ネイルライセンスに比べとても厳しく難しいです。
まずは、アメリカの「ソーシャルセキュリティーナンバー」または「TAX ID」を持っていないと受験できません。
もちろんビザ取得も必要です。ビジネスおよび職業コードのセクション480の開業免許の否認の根拠を構成する行為、又は犯罪を犯していない事も条件です。
「実技」「筆記」のテストがあり、出題はすべて英語です。
【試験内容】
1.筆記試験(英語)
2.実技試験(ネイルケア・人工爪・ペディキュアの技術を1時間45分で仕上げる)
♥米国 ニューヨーク州 国際ネイルライセンス (250H)
いろいろな手続きやビザ取得など必要です。ビザを取得しないと受験できません。
「実技」「筆記」のテストがあります。
【試験内容】
1.筆記試験(英語)
2.実技試験(ネイルケア・人工爪・ペディキュアの技術を1時間45分で仕上げる)
♥米国 ハワイ州 国際ネイルライセンス(350H)
年3回実施されています。
試験は「筆記のみ」の為、技術力を裏付ける書類が必要です。
【試験内容】
1.筆記試験(英語) テスト時間は2時間30分
※辞書の持ち込みは現在不可。
●米国は法律がよく変わるため、ライセンス詳細もそのつど変更される場合があります。
  • ※ネイルスクールを卒業後、3年以内にマニキュアリスト国際ネイルライセンスを受けなくてはなりません。
  • ※アメリカの国籍の無い方が、州の国際ネイルライセンスに合格しても正式なライセンス取得ができません。
    合格した場合、2年間は州で書類が保管されますので、2年以内にグリーンカード/労働ビザを取得した場合は、正式な国際ネイルライセンスが発行されます。2年以上経過する場合は、州に自分の書類は破棄しないでほしい、という内容の手紙を書き、それを州に報告し受理されれば書類は破棄せず2年以上の保管をしてくれます。
  • ♥ 学生ビザ・ソーシャルセキュリティーナンバー(米国社会保障番号)・労働ビザ、その他ビザでお困りの方ご相談下さい。
  • ♥ 米国勤務をご希望の方は、お気軽にご相談下さい。就労先(インターンシップ)のサポートも致します。
  • ♥ 米国マニキュアリスト国際ネイルライセンス取得者には、アメリカの就労先のご紹介も致します。

▲ ページトップへ